安い費用で最短にネイリストになるには!主婦やOLが働きながらネイル資格を学ぶ方法

ネイリストになるには

資格

ネイルの資格を取るには?資格の種類や取得までの道のり、費用とは?

更新日:

ネイリストの資格の種類について

ネイリストの資格検定試験には、いくつか種類があります。

その中で現在、主流になっているのが「JNECネイリスト技能検定試験」と「JNAジェルネイル技能検定試験」です。

たとえば「ネイル検定2級」や「ネイリスト検定1級」といった表記がある場合、これらはJNECネイリスト技能検定試験のことを指しています。

JNECネイリスト技能検定試験

JNECネイリスト技能検定試験は、JNEC(公益財団法人日本ネイリスト検定試験センター)が運営している検定試験です。

古いサイトだと「JNAネイリスト技能検定」や「JNEネイリスト技能検定」といった表記をされていることもありますが、現在は「JNECネイリスト技能検定試験」というのが正しい名称です。

試験運営団体が公益財団法人のため、内閣総理大臣が認めたJNECが認証する資格となりますが、国家試験ではありません。

検定は1~3級まであり、まず3級から受けて、その後2級、1級と順番に取得していく必要があります。

JNAジェルネイル技能検定試験

JNAジェルネイル技能検定試験は、JNA(NPO法人 日本ネイリスト協会)が運営する検定試験です。

近年では、ジェルネイルの普及が進んでおり、サロンで働く上で必須の技術の1つになっています。

検定は初級・中級・上級の3段階にわかれており、こちらも初級から順番に受けていく必要があります。

ネイリスト技能検定3級合格者は初級実技試験の一部が免除になるため、順番としてはネイリスト技能検定を先に受けておくのがオススメです。

また、こちらも国家資格ではありません。

JNA認定講師資格試験

JNA認定講師資格試験とは、JNA(NPO法人 日本ネイリスト協会)が運営する資格試験で、認定講師の資格を取ることができます。

資格を取ると日本ネイリスト教会の講師会のメンバーとなり、さまざまなイベントや試験官、審査員などとして活動することができます。

試験を受けるためには、ネイリスト技能検定試験1級に合格し、なおかつ合格認定日から1年以上経過している必要があります。また、プロのネイリストとしての経験も必要です。

JNA認定講師資格があると、ネイルスクールの講師として働くことが可能です。

ネイルサロン衛生管理士

ネイルサロン衛生管理士は、全国で行われている講習会を受講し、確認テスト(筆記)に合格すると、取得できる資格です。

ネイルサロンにおける衛生管理自主基準を普及し、国民の健康を守る安全なネイルサービスの普及と公衆衛生の向上が目的です。

JNAの認定ネイルサロンになるためには、この資格が必要になります。

資格取得までにかかる費用と期間について

ネイルスクールに通いながら、ネイル資格を目指すと、以下の表くらいの受講費用と時間がかかります。

3級 20万円 3ヶ月
3~2級まで 30万円 半年
3~1級まで 50万円 1年

ジェルネイル資格の場合は、さらに時間がかかり、1年半ほど必要になります。

受講費用はネイルスクールによっても異なりますが、だいたい20万円~100万円くらいが相場です。期間は3ヶ月から2年くらいです。

さらに実際はこれに加えて、検定試験料や消耗品代もかかります。

JNECネイリスト技能検定試験
3級 6,600円
2級 8,800円
1級 11,000円
JNAジェルネイル技能検定試験
初級 9,720円
中級 12,960円
上級 16,200円

もっと具体的な費用を知りたい場合は、気になるスクールの資料を取り寄せてみることをオススメします。資料請求をすると、受講費の割引の案内があったりして、いろいろとお得なことが多いです。

ネイルスクール選びのポイント

スクールを選び際に見ておきたいのが、まず取りたい資格がちゃんと取れるかどうかです。スクールによって取得できる資格が異なるので、その辺はしっかり確認しておきましょう。

また、合格保証もあった方がいいです。

合格保証がついているスクールだと、資格取得までしっかりサポートしてもらえるので、安心して通うことができます。

さらに就職までのサポートが用意されていれば安心ですね。

実際に通うことになったら、スクールの雰囲気が自分に合っているかどうかも大切になってくるので、まずは体験レッスンに行ってみて、本当に自分に合っているか確認するのも大切ですよ。

スクールに通わない場合

もっと費用を抑えたい場合は、通信講座か独学という方法もあります。

通信講座だとネイルスクールの半分くらいの費用で済むことが多いです。

独学の場合、さらに費用は安くなりますが、自分ですべてやるのは大変ですし、分からないことがあったり、つまづいたときに大変なので、通信講座の方がオススメです。

通信講座の場合、疑問点に対して正しい答えが必ずもらえるため、安心して勉強に臨むことができます。

 

費用を抑えたいならば通信講座という選択肢もアリ。

 

実際にネイリストになるための道のりについて詳しく書いているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。>>ネイリストになるための道のり

-資格
-,

Copyright© ネイリストになるには , 2019 All Rights Reserved.